【SEO】グーグルのSEPRのスニペットが250文字に!これで何が変わる?
【SEO】グーグルのSEPRのスニペットが250文字に!これで何が変わる?

グーグルSERPのスニペットが250文字に増加!これで何が変わる?

グーグルの検索結果に表示されるスニペッット(ディスクリプション、説明文)の文字数がいままでの120文字から一気に倍増の250文字になりました。

最近はグーグルの検索結果における変更が多くありますが、このスニペットの文字数の変更はグーグル社のどのような想いからの変更なのかを考えてみたいと思います。

近年のグーグルのアルゴリズムの変更の意図とは

今回の変更のことを考える前に、最近のグーグル社の変更に関して考えてみたいと思います。

そもそも、グーグルさんは検索するユーザーのことを第一に考えて検索結果を表示させようとしています。

このことはグーグルさんが検索エンジンを始めた頃から変わっていないはずです。現にグーグルさんは「googleが掲げる10の真実」にて下記のような項目をあげています。

googleが掲げる10の真実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後から付いてくる。
  2. 1つのことをとことん極めていうまくやるのが一番。
  3. 遅いより早いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいる時だけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報が溢れている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「素晴らしい」では足りない。

http://www.google.com/intl/jaJP/about/company/philosophy/

上記のような真実を掲げています。

つまり、検索エンジンを使っているユーザーのことが第一になっている。

検索をする人が欲しいと思っている情報を欲しいと思っている人に適切な方法で届けるということに焦点を当てているのです。

googleの思いとは

さて、話をグーグルのアップデートのことに戻しましょう。

グーグルさんは検索をしているユーザーのことを考えて検索結果を表示するようにしています。

検索しているユーザーが満足する、本当に必要な情報が必要と思っている人に最適な方法で届くように日々、改善しているのです。

日々、情報の質や信頼性を追求して、ブラックハットでのSEOの手法をとっているサイトが上位表示されないように技術を進歩させてくれているのです。

スニペットの増加の想いとは

今回のグーグルさんのスニペットの文字数の増加は、上記のことを踏まえユーザー視点になってということは間違いないと思います。ではどのようなことなんでしょうか?

今までの120文字ではそのコンテンツに記載されている事を明確にイメージさせるには、物足りなかったのではないかと思います。

120文字というとチョットメインとなるキーワードを盛り込んで文章を作成すると、とても伝えたいことが伝わるような文章にはできないケースが多くあります。

そのため、スニペットでポイントだけを箇条書きにしてキーワードを盛り込んでそのコンテンツに見合っていないスニペットを設定しているサイトが多くあったのではないでしょうか?

しかし250文字に増加したことで、コンテンツの中身をより的確に表現することができるようになってきたのだと思います。

スニペットの改定のまとめ

今回の変更はユーザーのためというのは当然ですが、サイトを作成している方のための変更でもあると思っています。

心を込めて、真剣にコンテンツを作成している方にとっては、コンテンツの内容が適切に表現されているスニペットというのは本当にありがたいものですからね。