最も使用頻度が高い万年筆【ペリカン M400 青縞】
最も使用頻度が高い万年筆【ペリカン M400 青縞】
最も使用頻度が高い万年筆【ペリカン M400 青縞】

高級な普段使い【ペリカン M400 青縞】の魅力

筆者が所有している万年筆の中で最も使用頻度が高い万年筆の一つでもある【ペリカン M400 青縞】のご紹介をします。

もっとも使用頻度が高いので、もっとも気に入っている万年筆の1本でもあります。

さて、この万年筆をこ購入したきっかけとなったのは、ある筆者さんの万年筆のブログを読んだことがきっかけになりました。

その筆者さんは、「万年筆はニブサイズがM以上でないと万年筆ではない!」ということを紹介していました。

この記事に非常に影響を受けてしまい、購入を決意したのです。

もともと、細字が好きなタイプでしたので、ニブサイズがMなんて想像も付きませんでしたが、使ってみると本当に快適なのです。

まるで、筆記感を感じない・・・当時は衝撃を受けました。

今では、M以上出ないと・・・なんてことは毛頭思っていませんが、当時はその筆者の影響を受けて、万年筆はM以上でないと万年筆ではないと思ってた時期もありました・・・。

ペリカン M400 青縞のレビュー

さて、それでは早速、【ペリカン M400 青縞】のご紹介をしてきます。

紹介をするのですが、この万年筆も様々な方が、レビューや使用感を紹介しているので、今更感がありますが、気にせずに紹介をしていきましょう。

M400のサイズ感

皆さんが気になっているのは、サイズ感ではないでしょうか?

ペリカンのM400は非常にちょうどいいサイズなのです。筆者は成人男性にしては、非常に手が小さくて特に指が短いというコンプレックスを持っていますが、このm400の小さいサイズがちょうどいいのです。

小ぶりなサイズがなんとも言えないフィット感をもたらしてくれているのです。

手の小さい男性や女性には、非常にいいサイズ感なのではないでしょうか?

他のブログなどで紹介されているように、キャップをペンジリにはめるとちょうどいいなんて紹介もありますが、筆者の場合には、ペンジリにキャップをつけなくてもちちょうどいいくらいなのです。

様々なブロクでは、キャップをペン尻にはめると丁度良いなんて紹介があるが、筆者の場合には、キャップをペン尻にはめなくても丁度いいくらいだ。

M400の筆記感

万年筆でもっともきになるのが、筆記感ですね。

この、ペリカンM400青縞は先にも紹介しましたが、ニブサイズがMです。

ニブサイズが大きいので、万年筆独特のヌルヌルとした筆記感がありますが、字幅がノートなどに筆記するには、非常に太く感じる万年筆です。

この筆記感がたまらなくて、メモにアイデアにと大活躍をしてくれている万年筆になっています。

とくに多く使っているので、その分自分に馴染んでいて、本当にたまらない筆記感となっています。

万年筆は使っているうちに自分のものになるというのは、本当のことだったんですね。実感しました。

そして、この他にも嬉しいことに、Mニブは若干ですが、スタブ調の字になるのです。

もともとの研ぎ方が角研ぎに近いのでしょうか?スタブ調の字が好きなので、また使う機会が増えたのが馴染んだ原因でしょう。

現在約3年間使用し続けているが、本当に世界に一本のペンに育ってくれたと思える。

M400青縞を使う場面

ペリカンM400青縞は主にアイデア出しの際とメモ書きの際に使用している。

スタブ調の太い字でアイデアを書きなぐっていると、自分でも素晴らしいと思えるアイデアが生まれる時があるのです。

実際に他のペンでアイデア出しの作業をしている時と比べて、アイデアの量が違うので、実際に効果があるのでしょう。

メモ書きの際も、インクフローがいいので、速記をしても問題なく、メモ用紙に文字を残してくれるのです。

M400青縞を購入して

もし、【ペリカン M400 青縞】の購入を迷っている方がいたら、是非購入する事をオススメする!このペンは本当に最高のペンだと言える。

もしかしたら、最初は人見知りでなじまないかも知れない、しかし根気強く使っていくうちにだんだんと自分の筆記癖を覚えてくれる健気な性格の子なのだ。

数年もしたら、きっとこのペンなしではいられない体になっていることだろう。