Happy Hacking Keyboard 【ハッピーハッキングキーボード】は最高のキーボード
Happy Hacking Keyboard 【ハッピーハッキングキーボード】は最高のキーボード

Happy Hacking Keyboard 【ハッピーハッキングキーボード】は最高のキーボード

タイピングって、自分が思うように上達しないものですね。

  • 「自分に合ったキーボードがなかなか見つからない」
  • 「タッチタイピングがなかなか習得できない」
  • 「毎日タイピングしているのに、上達しない」

なんて思っていませんか?

タイピングって、上達の度合いがなかなか目で見えないものなので、練習しても練習しても、上達している実感がしないものなのです。

「自分に合っているキーボードがあったら・・・」常にこのように考えていました。

上達しないのは、きっと今使っているキーボードが自分に合っていないからなんだ!!!なんて道具のせいにしていました。

「道具にせいにして最低!」なんて思わないでください。

自分に合っていないキーボードのせいというのはあながち間違っていないのかもしれません。

キーボードで劇的に変わるタイピング

あなたのタイピング能力は、キーボードを変えることで、劇的に変わる可能性があるのです。

自分に合っているキーボードを使用することで、タイピングのスピードが飛躍的に上がることがある!

使っているキーボードで、タイピングの速度が変わる?本当にそんなことがあるのでしょうか?

そんなことあるわけないよ!と思ったあなた!!!!

そんなことはあるのです!

そのキーボードを手にした瞬間から、劇的にタイピングの速度が上がったなんてことはありませんが、使っていくうちに、自分でも「早くなった」と実感することができるものなのです。

最高のタイピングを約束するキーボード

さて、もったいつけていますが、そのキーボードとは、Happy Hacking Keyboard (ハッピーハッキングキーボード)です。

このキーボードを使用するようになってから、日に日にタイピングの速度が上がっていることを実感しています。

現に、今まではタッチタイピングができなかったのですが、このキーボードを使用してから約2カ月で意識することもなく、タッチタイピングができるようになりました。

また、今までのタイピングの速度より自分自身で実感することができるくらい、早くなったと感じることができたのです。

Happy Hacking Keyboard 【ハッピーハッキングキーボード】のご紹介

さて、Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)のご紹介をしましょう。

このキーボードはPFUという会社が販売しています。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。

馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

【東京大学 名誉教授 和田英一】

というコンセプトを持ってキーボードを製作している会社です。

なんとも素晴らしいことですね。

確かに、PCのキーボードって通常はその本体に付属しているので、PCを買い替えの際には、必然的にキーボードも変わります。

今まで慣れ親しんだキーボードが変わると、またしばらくの間はなれなくて、ミスタッチが増加するなんてことも確かにありました。

慣れ親しんだキーボードは快適なPCライフにとって欠かすことができない、何ものにも代えがたいものなのです!

Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)の特徴は下記のような特徴があります。

  • コンパクトな設計
  • 静電容量無接点方式
  • 独特なキーボード配列

コンパクトな設計

Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)は非常にコンパクトに設計されています。

通常のキーボードはテンキーまであるフルキーボードでは非常に大きく机の場所をとってしますので、筆者にとっては、とても邪魔な存在でした。

しかし、このキーボードは非常にコンパクトに設計されているので、机で場所をとってしまうようなことはありません。

サイズは300×150ですので、本当にコンパクトなのです。

使い慣れたキーボードをノートPCでも使用をしたい派なので、持ち運びができると、自室やリビングでの作業でも、どこでも最高のタイピングがでPCの作業ができるという環境になります。本当にうれしい環境です。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式ってなかなか聞かない単語ですが、このキーボードの最大の特徴がこれではないかと思います。

静電容量無接点方式とは「静電容量の変化でキー押下を検出するので、押し込む必要が無く指への負担が少なく疲れにくい信頼性と耐久性に優れたキースイッチ」ということです。

一般的なPCのキーボードはメンブレン式のキーボードになりますので、タイピングの際の感触が全く違います!

とてもしっとりしているのです。

キーボードでしっとりなんて言われても、訳が分からないと思いますが、本当にしっとりという表現があっているのです。

このタイピングを位置を知ってしまうと。このキーボードのタイピングのトリコになってしまうことでしょう。

このタイピングの感触によって、タイピング速度の向上ができたのだと思っています。

また、この静電容量無接点方式のキーボードはタイピングしている手が疲れません。疲労感を感じないのです。

決して、タイピングの際に一切力が必要ないからということではなくて、まさにちょうどいいタイピングの重さなのです。

筆者は、PCのタイピングによって腱鞘炎になっていました。

一時期はマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードを使用していたこともあります。その時も、多少は腱鞘炎が改善されましたが、Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)は次元が違います。

このHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)を使用している現在は腱鞘炎の症状は出ていません。その位、タイピングが楽になったのです。

独特なキーボードの配列

このHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)は、非常に独特なキーの配列をしています。

この独特のキー配列のせいで、このHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)を倦厭しているという意見をよく聞きますが、筆者の場合には全くの逆で、この独特のキー配列のおかげで非常に楽になっています。

コントロールと半角の位置が少し違うのですが、これが非常に楽なのです。また、これくらいの違いであれば全く問題なく対応することができました。

もし、Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)を使うことを迷っているという方がいましたら、ぜひ思い切って使ってみるということをおすすめします。

本当に抵抗なく使えることでしょう。

Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)のまとめ

タイピングが早くなりたい!

正確なタイピングがしたい!

タッチタイピングを習得したい!

という方は、ぜひHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)を使用してみてください。

必ず、あなたのタイピングの技術が向上することでしょう!

タイピングしていて気持ちのいいキーボードというのは、知っている限りでは、限られています。

その中でも、ダントツのトップを走っているのがHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)だと思っています。

タイピングが楽しくなる、タイピングが気持ちよくなるキーボードを探している方は、ぜひ一度試す価値はあるはずです。