男性不妊は様々な原因が要因としてあります。
男性の不妊の原因の中でも多い症状の精子の異常の原因をご紹介いたします。
特に問題がないと思っている方でも、意外と問題があったりします。
男性の精子の異常は意外と多いので、不妊で悩んでいる方は、一度検査を受ける事をお勧め致します。

男性の精子に異常があったとしても、その事を認めたくない男性は沢山います。男性のプライドなのかな?
男性に原因があっても気を使うのは女性です、男性にも妊活に協力的になってもらいたいね。

男性の精子の異常

男性の不妊症の原因の一つの精子の異常のご説明を致します。
不妊治療を行っている方の約半数は男性側に問題があります。その中でも最も多い原因は精子の以上です。

精子の異常の種類

精子の異常にはいくつかの種類があります。

  1. 精子減少症・・・精液1ml中の精子の数が2000万以下の場合
  2. 無精子症・・・精子が全く形成されない状態
  3. 精子死滅症・・・精子に受精能力が全くない状態もしくは死んでいる状態
  4. 精子過剰症・・・精子の数が正常の2倍以上で、固まってしまう

上記のような種類があります。

精子以上の原因

精子の異常の原因には次のような事が多くあります。

  1. クラインフェルター症候群による男性不妊
  2. 停留睾丸による男性不妊
  3. おたふく風邪による男性不妊
  4. 精索静脈瘤による男性不妊
  5. 飲酒・喫煙による男性不妊

上記のような事が男性の精子以上の原因になります。

クラインフェルター症候群による男性不妊

先天的な性染色体の異常により生じるものです。この染色体の異常によりホルモンの不均衡が生じてしまい、正常の性機能を有している子供を設ける為の十分な精子を作る事ができない症状になります。

停留睾丸による男性不妊

睾丸が陰のうの中におりてこないで、腹部やそけい部にある状態の事を言います。通常は胎児期にお腹の中にある睾丸が膿まれる前に陰のうまでおりてきます。
しかし、停留睾丸は、睾丸がおりてくるときに中で止まっている状態のままになっています。片方だけの場合と、両方共とも止まってる場合とがあります。
睾丸が陰のうの中にあるのは、睾丸が名悦に弱く、体温の高いお腹の中では睾丸に対して負担をかけてしまう為です。その為に精子を作る機能が低下して不妊症になってしまいます。

おたふく風邪による男性不妊

成人男性がおたふく風邪にかかると、14〜35%の割合で睾丸い炎症が起こる睾丸炎にかかってしまいます。その為、精子の機能に問題が出てしまい、不妊の原因のなってしまいますが、完全な不妊症になってしまう事は稀です。睾丸炎による妊娠能力の障害は10%程度と言われています。

精索静脈瘤による男性不妊

精索とは、睾丸の後ろにある副睾丸から伸びている精管と血管が一束になったものですが、この部分の細い静脈にこぶができ多状態を精索静脈瘤といいます。
このこぶによって静脈がうっ血すると、陰嚢内の温度が上昇し、精巣の発育不全、精子の形成不全を引き起こして不妊症の原因となります。

飲酒、喫煙による男性不妊

体かアルコールが抜けないような状態では、精子が正常に掲載されずに、奇形の精子ができてしまいます。
また喫煙は精子の数を減少させてしまい、奇形や運動能力の低下に繋がり不妊の原因になります。
このような場合では、例え受精をしても胎児に異常をきたしてしまい、流産や先天性の奇形などの原因にもなりなります。