子宮内の環境の変化

子宮の環境の変化が原因の二人目不妊

子宮内の環境の変化によって二人目不妊になってしまうケースも少なくありません。

二人目不妊の原因となる子宮の環境の変化

一人目のお子さんの出産後に子宮感染症を起こしてしまっていたり、一人目の出産の後に流産の手術や中絶の手術をして子宮内腔が癒着を起こしているケースもあります。
また、一人目のお子さんを出産する時に帝王切開をしている場合には手術後に癒着や子宮切開部分の影響で子宮内の環境が変化しているかもしれません。

このように子宮の内部の環境が変化をすることでも二人目不妊になります。
※帝王切開後に子宮環境の変化が起こるのは稀なケースです。ほとんどの場合には環境の変化は起こりませんので、あまり神経質になりすぎないで下さい。